カテゴリー別アーカイブ: 看護師実情

看護師求人の優先度

看護師の資格を得るための国による試験は、年1回行われます。

看護師不足を問題視している日本にとっては喜ぶべきことに、ここ何年かの看護師資格の合格率は90%前後と大変高い水準を維持している。

看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアすることができれば合格可能な試験です。

看護師の転職を上手くいかせるには、未来のことを考えて出来るだけ早く動きだすことが大切です。

また、何を優先するのかを定めておいた方がいいでしょう。
これからどうなりたいかを明確にして、その将来像に合った転職先のインフォメーションを少しずつ集めてください。一年の収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もあれこれ思い馳せておきましょう。

我が国の看護師の年収は平均すると437万円あたりです。
しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として従事しているため、平均年収は約593万円になります。
公務員看護師は給与上昇率も民間病院と比べて高く、福利厚生も備わっています。
準看護師だと、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。看護師の方々が活躍する場と言われるとまずは病院が頭に浮かぶのが多いでしょう。しかし、看護師という資格を活かすことのできる場は、病院という場だけではないのです。保健所というところで保健師と協力して、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師のお仕事の一つでしょう。

また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、看護師がほとんどの医療行為を行います。看護師の資格試験は、年毎に一度あります。看護師の足りないという問題が起きている今の日本に好都合なことに、最近の看護師資格試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、続けています。

看護師の国家資格の試験は、定員以外をふるい落とす試験ではなく、予め決められたラインを超えれば合格できるシステムです。

看護師の人手不足の現状

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月、1月あたりが狙い目です。
たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。

すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで静観することを推奨します。看護職員の方が仕事場を変える手段としては、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのがメジャーとされるようになってきています。
看護専門のオンライン求人サービス等を役立てるなら、無料ですし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を閲覧できます。

転職活動が実を結ぶようにするには、様々な角度から調査することが要となりますので、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。

ですが、苦しみながら看護師資格を得ることができたのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。

かなり異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向に働く職場は多数存在しています。
一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を明らかにしておきましょう。

泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。

看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、負担になる労働環境で我慢して勤める必要はないのです。それに、結婚する際に転職を検討する看護師もたくさんいます。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方が良いでしょう。

いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職しておくと良いでしょう。

ストレスが蓄積されていると妊娠しにくくなりやすいので、注意するようにしてください。