看護師求人の優先度

看護師の資格を得るための国による試験は、年1回行われます。

看護師不足を問題視している日本にとっては喜ぶべきことに、ここ何年かの看護師資格の合格率は90%前後と大変高い水準を維持している。

看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアすることができれば合格可能な試験です。

看護師の転職を上手くいかせるには、未来のことを考えて出来るだけ早く動きだすことが大切です。

また、何を優先するのかを定めておいた方がいいでしょう。
これからどうなりたいかを明確にして、その将来像に合った転職先のインフォメーションを少しずつ集めてください。一年の収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もあれこれ思い馳せておきましょう。

我が国の看護師の年収は平均すると437万円あたりです。
しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として従事しているため、平均年収は約593万円になります。
公務員看護師は給与上昇率も民間病院と比べて高く、福利厚生も備わっています。
準看護師だと、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。看護師の方々が活躍する場と言われるとまずは病院が頭に浮かぶのが多いでしょう。しかし、看護師という資格を活かすことのできる場は、病院という場だけではないのです。保健所というところで保健師と協力して、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師のお仕事の一つでしょう。

また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、看護師がほとんどの医療行為を行います。看護師の資格試験は、年毎に一度あります。看護師の足りないという問題が起きている今の日本に好都合なことに、最近の看護師資格試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、続けています。

看護師の国家資格の試験は、定員以外をふるい落とす試験ではなく、予め決められたラインを超えれば合格できるシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>